幸せをお裾分け!結婚祝いのお返しに適したカタログギフト

種類が多すぎて迷う…何を基準に決めれば良い?

「いただいた結婚祝いのお返しをしたいけれど、相手の好みが分からない…」そんな時に便利なカタログギフト。しかし、最近はカタログギフトの種類も多岐にわたっていて、選ぶ際に迷ってしまう方も多いかと思います。お礼の気持ちを込めるためにも、せっかくなら相手がワクワクしながら選べるようなカタログを送りたいものです。親しい友人や同僚などであれば、好みに合わせたお店やブランドのカタログギフトを選ぶのも良いでしょう。ただし、特定のブランドのカタログギフトは掲載されている商品も厳選されていることが多いため、相手が今欲しいものが掲載されているとは限りません。その場合は、きちんと中身を確認した上で購入することをお勧めします。

思いを込めて選べば、気持ちは伝わります

お返しする相手が家族と一緒に暮らしている場合は、食べ物がたくさん掲載されているカタログだと喜んでくれる可能性は高いでしょう。普段は買わないようなお肉やお魚、毎日いただくお米やお茶など、何かしら欲しいと思える商品が載っているはずです。相手の趣味もわからないし、自分のセンスにも自信がない…という場合は、とにかく掲載数が多いものを選ぶのが良いでしょう。物や食べ物だけでなく、最近はお食事券やマッサージ、旅行などの体験に交換できるものもあります。カタログギフトなんてどれも同じと決めつけず、掲載されている商品は事前にきちんと確認しましょう。相手が喜ぶ姿を想像しながらセレクトすれば、お礼の気持ちはきっと伝わるはずです。